ピュアアルギニンリキッド 成長

 

子供は毎日、その子のペースで成長しています。

 

個人差があるので、隣の子と比べても意味がありません。

 

とはいっても、「うちの子はもう伸びないのかしら?」と心配になりますよね。

 

それなら、成長の仕組みを知った上で食事や生活環境を整え、場合によってはサプリに頼ってみてはいかがでしょうか。

 

 

\ご購入はこちらから/

▲通常価格12,960円→9,720円▲プレゼント付き▲

 

 

 

骨の成長の仕組み

 

伸び方は時期によって異なります。

 

乳児の頃が最も伸び、幼児〜思春期は伸び方が鈍りながらも成長していきます。

 

思春期になると、また大きく伸びる時期になります。

 

 

骨端軟骨が骨を伸ばす

 

子供の骨の末端付近には「骨端軟骨」という軟骨細胞が存在しています。

 

レントゲンには映らないので空洞に見えますが、ここには軟骨があります。

 

この細胞が増えることで軟骨が大きくなり、骨が成長します。

 

 

成長期が終わると骨端軟骨は骨に変化し、成長が終了します。

 

骨端軟骨を再生する方法はありません。

 

 

 

 

骨端軟骨を大きくして骨を伸ばす方法

 

骨端軟骨はタンパク質で出来ています。

 

大きくする方法は、次の2つです。

 

1、タンパク質の摂取

 

大豆製品、海藻類、牛肉などのタンパク質を積極的に摂りましょう。

 

 

2、成長ホルモンの分泌を助ける

 

成長ホルモンを作るための材料はタンパク質です。

 

ですから、成長ホルモンを分泌させるためにもタンパク質摂取は絶対条件です。

 

ただし、この成長ホルモンはストレスや生活リズムの乱れなどによって簡単に分泌されなくなってしまいます。

 

成長ホルモンが分泌されるのは22時から2時ですが、22時に寝られる中高生は少数です。

 

塾や部活で帰宅が遅くなる場合や、部屋にこもってゲームやスマホで夜更かしすることもあるでしょう。

 

その他にも、いじめ、恋の悩み、親の不仲、偏食、食品添加物、運動不足などが成長ホルモンの分泌を阻害してしまいます。

 

 

現代っ子の生活改善と心のケアが、成長ホルモンの分泌を助けます。

 

 

 

 

 

おわりに

 

骨の成長は、

 

1、タンパク質によって縦に伸びる

 

2、カルシウムによって横に伸びる

 

と覚えておきましょう。

 

 

基本は食事と生活リズムの改善ですが、現代の親も大変な時代を生きています。

 

冷凍食品やコンビニ弁当の時もあるし、反抗期の子供を説得するにも骨が折れます。

 

そういう場合には、成長ホルモンの分泌を促す【ピュアアルギニンリキッド】に頼ってみるのも一案です。

 

悩んでいる間に成長期はあっという間に終了してしまいます。

 

骨端軟骨は今だけしか大きくなりません。

 

今、出来る限りの協力をするのが親の役目ではないでしょうか。

 

 

\ご購入はこちらから/

▲通常価格12,960円→9,720円▲プレゼント付き▲